中小企業診断士を取得するには

大学生のうちに中小企業診断士を取得する4つのメリット

更新日:

社会に出てから受験する人が圧倒的に多い「中小企業診断士」。

でも別に社会に出てからじゃないと取れないって訳じゃありません

私は大学生時代に戻れるならそこで取得したい!そしたらブラック企業にいかなくて済んだと思いますし!(笑)

とにかく時間がある

OOK638_sumimasen_TP_V

 

なんといっても

重要なポイント

大学生の最強のアドバンテージは「時間」

です。

社会人になったら起きている時間のほとんどを仕事に捧げることになります。

ブラック企業なんかに勤めちゃったら睡眠時間も捧げることになります。

 

でも大学生ならそんなことありません!

 

ちなみに私の大学生時代はテニスとダーツと麻雀に捧げました。(笑)

中小企業診断士になるために必要だと言われている時間は約1300時間です。

中小企業診断士に独学で合格するために知っておきたい7つのこと【テキスト編】
独学で合格した中小企業診断士が必ず知っている試験ノウハウ

社会人で1300時間も捧げるのって地獄ですよ?

 

注意ポイント

起きて仕事と勉強して寝るの繰り返し

 

何のために生きているのか自問自答することもでてきちゃう日々です。

だからこそ時間のある大学生時代に勉強するべきですよ。

 

中小企業診断士は就活で有利

ddc6105e5308b85ea3c105a6515bb019

これ非常に大切ですよね。

今の大学は勉強する場所というより、

ポイント

就職予備校みたいな位置付けになっているのだから就活が有利になるのは大きいですね。

私は中小企業診断士の資格をアピールして転職をしましたが、

新卒時の就職活動なら中小企業診断士はより一層効果を発揮するでしょう。

なぜなら競合」がほとんど存在しない

いわばブルーオーシャンだからです。

中小企業診断士は社会人でも取得している人が少なく、アピールすることで印象に残る資格です。

取得したいビジネス関連資格1位「中小企業診断士」

 

学生のうちにアピールすることができれば間違いなく目立ちまくりです。

例え学歴が他より劣っていたとしても、

中小企業診断士をアピールすれば飲みサーでウェーイしていた学生よりはよっぽど好印象です

特に金融業界を目指すのならば効果的です。

金融機関の社員はタダで養成課程に参加できる!?

独立も視野に入れることが可能

PAK863_ukiwadepukapuka14114449_TP_V

新卒で就活に失敗したからといって自殺

なんてニュースをたまに見かけますよね。

悲しいことにその人の世界は就活だけになっていたのでしょうね。

その世界に否定されたから自殺。

 

もしその人に「独立」「副業」という選択肢があったらどうでしょう?

 

自殺なんてしませんよねきっと。

これは極端な例でしたが、そうでなくても就職に縛られずに進路を選択できます。

重要なポイント

独立という選択肢があることで、

就活も心に余裕をもって行えるでしょう。

 

大学の授業とリンクして勉強できる

150415371872_TP_V

意外と中小企業診断士の科目と大学の授業はリンクしています。

資格の予備校に通わず、授業が受けれる大学はかなり良い環境ですよね。

特に1次試験の中でも難関と言われる「経済学・経済政策」を学ぶ場としては最高です。

【1次試験】最も苦手意識が強い経済学・経済政策の勉強法【中小企業診断士】

ポイント

教授に質問して理解を深めることもできますし、

真剣に講義を受けることで高い成績も残せます。

試験範囲の内容のゼミを選べば卒業論文も難なくクリアできてしまいますね。

 

学生時代に中小企業診断士を目指すデメリットはお金

LIG_okanebaramakareru_TP_V

お金の問題だけはどうしようもないです。

ポイント

国家試験を目指すならば、中小企業診断士でなくともお金がかかります。

しかし、通信講座と大学の講義を組み合わせることでかなり少ない費用で取得が可能です。

中小企業診断士を本気で目指すのならば、

アルバイトをする時間はあまり取れないので工夫が必要ですね。

 

 

 

就職活動のために資格取得を考えているなら

 

 

もしあなたが就職活動で武器を作りたいという理由で、

漠然と中小企業診断士を考えているなら、

それより先に必ず行わなければならないことがあります。

注意ポイント

それは、志望企業のES・面接を知ることです。

どの企業にも評価される資格は残念ながらありません。

それが難関資格であってもです。

 

資格で勝負する場合でも、志望企業がどのような資格を評価しているか知った上で選ぶことが重要です。

 

そのためには、先に就職活動を行ってきた先輩たちの経験を知る必要があります。

 

たとえ中小企業診断士を持っていたとしても、

ES(エントリーシート)や面接で評価されないのでは意味がありません。

 

就活ノートは先輩たちが実際に体験した各企業のESや面接での設問の情報を集めています。

無料で利用できるので、

ポイント

「これから就活を控えている」 

or 

「苦戦している人」

は必ず登録して、

志望企業対策を万全にしましょう。

 

 

終わりに

社会人に比べ大学生は資金力がありませんが、それを補う時間と環境があります。

中小企業診断士に合格するにはどうしても膨大な時間が必要です。

その点で大学生は最強といっても過言ではないでしょう。

もしあなたが大学生ならば、

時間のある学生時代に難関国家資格に挑戦してみてはどうでしょうか?

とりあえず診断士の勉強ってどんなものか知りたいという方は通勤講座」の体験講義を受けてみてください。

資格のレベル感がわかるのでオススメですよ。

 

 

 

 



-中小企業診断士を取得するには
-, , , ,

Copyright© 中小企業診断士に独学合格したけれど , 2018 All Rights Reserved.