通信講座でも合格できるのか

資格スクエアを始める前に「絶対」知りたい口コミと評判!

更新日:

わずか3年で会員数が28,000人を突破した資格スクエア

難関資格を目指す受験生に注目されている資格スクエアは、周りの受験生からどのような評判なのでしょうか。

また、資格スクエアで合格している受験生はいるのか等気になるポイントですよね。

結論から言うと「資格スクエア」を使って合格している受験生は数多くいます。

今回は資格スクエアの特徴と口コミ・評判について調査しました。

 

 

資格スクエアの特徴

資格スクエアの特徴

「脳科学に基づいた問題演習機能」を教材の特徴と宣伝している「資格スクエア」

でも

 

「脳科学に基づいた問題演習機能」ってなんやねん!

 

なんて思った人も多いはず。

正直この文言だけだとよく理解できませんよね。

 

その内容を解説したのが↓の動画です。

 

資格スクエアが用意した動画なのですがけっこうわかりやすい動画ですよね。

要約すると以下のような内容です。

 

講義後の理解度チェック

講義が終わってから各論点であなたの理解度にあわせて「もちろん○」「たぶん○」「たぶん×」「もちろん×」の四択を選択します。

 

かんたん説明

次回以降この選択から重要度を判断して自動的に復習対象を作成してくれます。

 

他の通信講座の多くは「正解」「不正解」だけで復習ポイントを決めています。

しかし、選択問題で自信がないがたまたま正解してしまった問題を、

正解したからといって復習対象から除いてしまうと、

理解が進まないまま復習対象に選ばれずに本番で失敗する可能性がでてきます。

その可能性をなくして確実に知識を身に着けられます。

 

これは、他の通信講座では意外と搭載されていない機能です。

細かい差ですがこの積み重ねが合否に直結するのが中小企業診断士試験。

1次試験は合格点まで10~20点だけ足りずに落ちる人が多いです。

この機能が合格者と不合格者を分けることになるかもしれません。

 

複数論点をまとめて行う確認テスト

難関と言われる資格試験の多くは各論点が混ざり合った問題を出してきます。

しかし、各論点のみの練習問題を出す教材は多いです。

資格スクエアでは「理解度チェック」の結果から算出された「あなたの弱点問題」からセレクトして問題を出します。

この機能で様々な知識を同時に処理する能力を身につけることができます。

 

 

進捗&成績管理機能

この機能であなたの学習の進捗状況を「見える化」します。

各講義・各問題演習の成績を確認できるので、

あとどれくらいで合格ラインに届くのか、どれくらいの理解度なのかを把握することができるので、

あなたの合格までの距離を明確に捉えることができます。

 

他にも様々な機能がありますが、他の教材と比較した場合の「資格スクエア」の明確な優位性は上記のものになります。

 

 

司法試験や司法書士をはじめとする法律系資格に特化

資格スクエアは特に「司法試験」「司法書士」といった法律系資格に特化しています。

「税理士」「社会保険労務士」「中小企業診断士」対策講座も提供していますが、

これらの資格の場合は他の通信教育でもいいかもしれません。

 

しかし、「司法試験」「司法書士」等の難易度が非常に高いとされる法律系の国家試験を狙うなら「資格スクエア」しましょう。

 

司法書士の講師を務めるのは、これまで15年以上講師を務め合格者を輩出してきた「三枝 りょう」講師です。

実務にまつわる話を交えた、わかりやすい講義と強弱をつけた話し方が特徴で、資格スクエアにおいても人気の高い講師。

↓の動画でぜひ確認してください。

 

また、資格スクエアは体験講義が無料で受けられるので一度試してみてください。

 

 

 

 

根幹は他の優秀な通信講座と同じ

資格スクエアの特徴とポイント

前述の資格スクエアの特徴を読んで、

 

「なんか良い特徴少ないな…」

 

と思った方。安心してください。

資格スクエアは優秀な通信講座の基本条件をしっかりと満たしています。

その上での+アルファとして特徴を記載したまでです。

 

優秀な通信講座の基本条件を理解している方は↓を読み飛ばしてください。

 

資格学校と比べた優位性

まだまだ世間一般では資格学校に通うのが一番良いという考え方が残っています。

あなたが悩んでいるのもそんな考え方を感じているからでしょう。

しかし、通信講座を選んだ方がいい方も世の中にはたくさんいます

 

まずあげられるのが

 

ポイント

良い資格学校が近くにない

or

資格学校に通う時間がない

方です。

 

資格学校によって資格試験の得手不得手があります。

一例ですが、「T資格学校なら中小企業診断士」「L資格学校なら社労士」等ですね。

 

あなたが通いやすい資格学校はあなたが受けようとしている資格のスペシャリストですか?

 

もし違うのなら通信講座を視野にいれるべきです。

資格学校が力を入れていない講座に数十万を払う価値があるとは思えませんし、

良い資格学校に通うためにわざわざ数時間かけて通うのもバカらしいですよね。

そんな時間があるなら試験勉強に時間をあてるべきです。

 

 

その点通信講座なら、

 

かんたん説明

場所を選ばずあなたのライフスタイルに合わせて学習を進めることができます。

 

通信講座を活用することの優位性

良い通信講座はスキマ時間に勉強できることに特化しています。

多くの方の学習スタイルは「自宅で机に座って勉強する」です。

一番勉強してきた学生時代のスタイルがこうなのですから、

大人になっても、机に座ったほうが勉強する気になれるという人が多いのも頷けます。

 

しかし、難関資格を受験する場合は学習スタイルを一新する必要があります。

なぜなら、机に座って勉強するだけだと学習時間が圧倒的に不足するからです。

 

あなたが社会人であること前提に話をしますが、

平日の半分以上を会社に奪われ(通勤時間含む)、

その上十分な睡眠時間を取ろうとしたらどの程度試験勉強ができるでしょうか。

 

そんな多忙な社会人にこそ使って欲しいのが「資格スクエア」をはじめとした通信講座です。

 

良い通信講座は移動時間や通勤時間等のスキマ時間を活用して勉強できるように工夫されています。

動画・音声講義を手軽に視聴できるようにスマフォやタブレットに対応しており、

空いているスキマ時間で勉強漬けの生活を送ることができます。

資格学校のテキストではやりたくてもできない勉強方法を可能にしたのが通信講座なのです。

 

資格学校より圧倒的に低価格

資格学校と通信講座を比較している方ならわかっていると思いますが価格が全然違います。

どの資格試験も資格学校に通うのと比較すると3~5分の1程度の価格ですね。

これは資格学校と違い、

 

ポイント

教室や多くの講師・事務員を用意するための固定費がかからない

 

ために低価格を実現させられるのです。

決して安かろう悪かろうではないんです。(笑)

 

講師の質に左右されない高品質保証

資格学校は各資格で提供する質が変わるだけでなく、

教室の場所でも質は上下します。

 

なぜなら教室ごとに担当する講師は別だからです。

 

優秀で人気の講師は当然人が多い首都圏or地方都市に集められます。

同じ名前の資格学校でも教室ごとにレベルが違うのが現状です。

 

その点通信講座はそんなことはありません。

場所がどこだろうと、その資格に特化した最も優秀な講師が担当するので非常にわかりやすいです。

資格学校を選ぶならば講師のリサーチを怠ると悲惨な結果が待っているかもしれませんよ。

 

 

 

資格スクエアに対する肯定的な評判

資格スクエアの良い評判・口コミ

 

資格スクエアの基礎講座の何がいいかって、講義ごとに確認テスト(短答過去問の肢)ができること。そして間違えた問題だけをピックアップして再度少し文面を変えて出題してくること。

 

資格スクエアから送られてきた本読んで合格確信しましたわ泣

 

気になるところにマーカー引いてPC上で自分用のテキストにできるの良いね。質問もしやすい画面だしそもそも解説がわかりやすい

 

資格スクエア、音声のみ受講できるの本当有能

音声のみでも早送り(動画だと○秒のところから聞くことができる)機能があったら更に良い

 

2ch(2ちゃんねる)とTwitterから肯定的な評判を集めてきました。

肯定的な口コミの多くは、資格スクエアの機能面を高評価していますね。

長い期間試験勉強をしていくなら使いにくいとストレスになるので、

機能面のことがわかるこの口コミは非常にありがたいですね。

また、これから説明しますが、

 

「受かる人は"友達が少ない"」

 

というような資格スクエア独自の考え方をいくつも発信しています。

受験生のモチベーションを保ってくれる動画を配信しているのでぜひ一度見て欲しいですね。

 

資格スクエアに対する否定的な評判

資格スクエアの悪い評判・口コミ

論文対策に資格スクエア(c○aのオンライン講義)を検討しているんですが、c○aさんの黒板が、気になって仕方ない。T○Cもそうなんだけど、何で黒板なの…レジュメやテキスト映すので良いじゃない…というかL○Cに慣れてしまったのか…⁇

 

web編集いいとは思うけど、致命的な弱点が期限があるってこと
どれだけ頑張っても試験日までしか使えないんじゃ価値がない

 

文字単位での検索ならPCが強いけど、パラパラめくったりとかなら
やっぱり本が楽なんだよなぁ

 

ほぼ初学者から半年ちょい勉強してきてるんだが、入門を聞いてそのまま論文に移行できる奴がいるのかと思う(既習除)が、三期ではそこらへんを改善するみたい

やる気あって、自分で継続できるんなら安めだし、内容はいいと思うから有りとは思う

 

次は2ch(2ちゃんねる)とTwitterから否定的な評判を集めてきました。

否定的な評判の多くは、PCやスマフォでの勉強に慣れていない印象を受けますね。

試験日までしか使えないのがダメって人は何を求めているのでしょうね。

もし落ちてしまった場合は延長することができますし、

合格した場合はテキストを読み直すこと自体あまりありませんよね。

資格スクエアがダメだったというより、通信講座があっていなかった方が否定的な意見を言ってるようです。

この記事を読んでいるあなたは、序盤の記事を再度読んでみるとこうならないかもしれません。

 

資格スクエアの資格勉強に対する考え方

資格スクエアの試験に対する考え方

肯定的な評判でも少し紹介しましたが、

資格スクエアは試験学習に対していくつか独自の考え方を持っており、

その考え方を動画で配信しています。

その中でも私が特に感銘を受けた動画を紹介します。

 

【1周することが大事!!】勉強を継続するには!?|資格スクエア大学・独学部 vol.39

 

100点を取る勉強法と合格点を取る勉強法は違う!?|資格スクエア大学・独学部 vol.15

 

苦手分野などない!ただの勉強不足だと心得よ!!|資格スクエア大学・独学部 vol.28

 

ここで紹介したのはあくまで一例です。

資格スクエア」はこのような動画で受験生のやる気を引き出してくれます。

受け始めたら放置の講座が多い中これはうれしいですね。

 

終わりに

資格スクエアの評判

資格スクエアの口コミ・評判はいかがでしたでしょうか。

「IT×脳科学」を活用した新しいオンライン資格講座と謳っているだけあり、

他の通信講座とは一味違う教材となっていることが分かって頂けたと思います。

資格スクエアに限らず通信講座を選ぶ際に大事なのは、

 

かんたん説明

その講座がどのような考え方をもって作られているかを知ること

 

です。

それを知っているかどうかで勉強の仕方が変わってきます。

私としては資格スクエアは最短で合格に向かうことができる数少ない教材だと考えています。

あなたが資格スクエアに興味をもったのなら一度公式サイトを確認してみてください。

 

 

 



-通信講座でも合格できるのか
-, , , ,

Copyright© 中小企業診断士に独学合格したけれど , 2018 All Rights Reserved.